2012年09月25日

微妙な判定も、劇的な幕切れ

本日のMonday Night Footballは、劇的幕切れで、SeahawksがPackersを下しました。
時間のない最終プレイで、SeahawksのQBのRussell Wilsonが投じたヘイルメリーパスが、見事にGolden Tateに決まり、劇的な逆転勝利を収めています。

最後のパスは、TateとPackersのDBが競り合い、お互いがボールを保持した体勢で倒れこみました。同時キャッチはOffenseボールというルールに則り、TDと判定されています。
Packersのチャレンジにも判定は覆らずにSeahawksが勝利しました。

ニュースなどでは、代替審判の問題が指摘されていますが、代替でなくても難しい、微妙な判定だったと思います。

posted by fs003jp at 22:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | NFL | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。