2012年08月25日

DodgersとRed Soxの大型トレード

Dodgersがまたも大型トレードを実施です。
今回はRed Soxから大物を獲得です。Adrian Gonzalez,、Josh Beckett、Carl Crawford とNick Puntoというすごい顔ぶれです。主砲とエースが含まれているという感じですね。
一方、Red Soxの獲得は、もちろん有望株となるわけですが、目玉はRubby De La Rosaです。肘の手術明けで復帰したばかりの投手です。そのほかにも、James Loney、Ivan De Jesus、Jerry Sandsといった選手が含まれています。
それにしてもRed Soxの放出選手はすごいですね。メジャーってすごいなぁと感じました。
もうひとつ感じたのは、もし松坂大輔が好調なら、ここに入っていたのだろうなぁということです。
復帰間近ということですが、トレードが待ち構えていそうですね。


タグ:ドジャース
posted by fs003jp at 10:38 | Comment(0) | TrackBack(1) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

レッドソックス大型移籍成立と松坂がつぶやいた。
Excerpt: 「レッドソックスとドジャースのトレードで、ベケット、ゴンザレス、クロフォード、プントの四人が移籍しました」 松坂大輔オフィシャルツイッターでつぶやいた。 決まっちゃった・・・。 取りあえず・・・。 追..
Weblog: bungakun.com
Tracked: 2012-08-25 16:03
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。