2012年07月14日

Mark AppelがStanford残留

Piratesからドラフトで1位指名されたStanford大学の右投手Mark Appelが、指名を蹴って、大学に残ることとなりました。
代理人はあのScott Borasということで、数球団が指名を見送り、指名順位(全体8位指名)が若干落ちたといわれるAppelですが、最終的は交渉までがまとまらずに、大学残留となりました。
1位指名では唯一入団を蹴った選手となっています。
今回から新たに適用される契約金の上限問題も影響したと思われます。

Appelは来季4年生としてStanfordで投げ、次のドラフトに備えます。

ドラフト1位に蹴られたPiratesも痛いですね。

タグ:パイレーツ
posted by fs003jp at 22:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。