2012年07月10日

4チームを巻き込んだDwight Howardのトレード

Dwight Howardのトレードが4チームを巻き込んで複雑化しています。
Nets移籍が濃厚なHowardですが、Magicとのトレードでは済まずに、トレードにはCavaliersとClippersも参加するようです。

NetsはHoward以外にもMagicから3人の選手を受け入れますが、MagicはNetsから3選手、Cavaliersから1選手と3つのドラフト指名権(2個がNetsから1個がClippersから)を受け取ります。
さらにCavaliersはNetsから2選手とMagicから1選手とNetsからドラフト指名権とCash、ClippersはNetsから1選手を受け取るということです。

このトレードにはCavaliersではなく、Bobcatsが加わるという噂もあり、まだどうなるかは決着していないようです。

posted by fs003jp at 22:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | NBA | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。