2009年02月18日

Alex Rodriguezが会見を実施

薬物使用を認めたYankeesのAlex Rodriguezが、キャンプを前にして、会見を実施しました。
「緊張している」と、第一声で語り、GMのBrian CashmanとJoe Girardi監督とともに会見に臨んだRodriguezは、声明文を読み上げました。
声明文では、禁止薬物の使用を謝罪するとともに、信頼を取り戻す長い道のりに立ち向かうことを語っています。
故郷のドミニカで、Rodriguezのいとこが、薬物の使用を進めたとのことで、2001年から2003年までのRangers時代に使用したとのことです。
「ステロイドだとは思っていなかった。」、「若くおろかであった」と語っています。
人成長ホルモンや他の禁止薬物は使用していないとのことです。
どこまで今季のRodriguezのパフォーマンスに影響が生じるか不安が残りますね。



真鍋サンも体験済♪
スリムアッサム紅茶★



↑Joe Girardi after the A-Rod press conference

タグ:ヤンキース
posted by fs003jp at 10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。