2008年10月24日

Rays 1勝1敗のタイに

World Seriesの第2戦は、Raysが勝利し、これで1勝1敗となりました。
Raysは1回にCarlos Penaの内野ゴロの間に先制すると、4回までに4-0のリードを奪い、先発のJames Shieldsがこれを守り、最後はRookieのDavid Priceが締めるという展開で、Philliesに4-2で勝利しました。
一方のPhilliesはスコアリングポジションにランナーを置いて、30打数1安打というタイムリー欠乏症になっています。



[PR]メイドラブストーリー
ご主人様と生活!?



↑David Price - Day 1

posted by fs003jp at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(1) | MLB | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

歴史的1勝を記録 1勝1敗に
Excerpt: World Series初勝利です!歴史的1勝ですね。 今日は4回までに4点を奪って、4-0と有利な展開に持ち込み、Philliesのタイムリー欠乏症にも助けられて、4-2で勝利しました。 こ..
Weblog: Tampa Bay Rays リーグ制覇への道
Tracked: 2008-10-24 13:03
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。